広告

血糖値で見る炭水化物(糖質)摂りすぎ典型パターンを医師が解説|フリースタイルリブレで見つける血糖値スパイク

食事の炭水化物(糖質)によって血糖値が上昇します。

急激な血糖上昇、大きな血糖変動は将来の糖尿病リスクを上昇させ、心筋梗塞、脳梗塞といった血管合併症の危険性も上昇させます。

健康診断で血糖値、HbA1cが正常の方でも、リブレで血糖値を測定していると、いわゆる血糖値スパイクが出現していることがしばしばです。

本記事では炭水化物の多い食事を摂ったあとに見られる、血糖値スパイクとそれに準ずる、危険な血糖変動パターンを紹介します。

炭水化物(糖質)摂りすぎ血糖変動

急上昇・急降下パターン

食事の炭水化物によって、血糖値が急上昇し、その後、急降下している変動パターンです。

インスリンの過分泌により、血糖値が下がりすぎ、強い空腹感や動悸、手の震え、冷や汗といった低血糖症状が現れることもあります。

血糖値のピークのあたりで強い眠気に襲われたり、集中力の低下を来すこともあります。

ちなみに、このときの変動の原因はこちら、

某シェイクでした。

急上昇・高止まりパターン

食事の炭水化物によって、血糖値が急上昇し、その後もしばらく血糖値が高い状態が持続する変動パターンです。

炭水化物に加えて脂質の多い食事のときに、こうした変動パターンを示しやすいです。血糖値が高い間は眠気が続いたり、仕事の能率が低下してしまうことがあります。

このときの変動の原因はこちら、

中華料理のベルト麺(腰帯麺・ビャンビャン麺)でした。

急上昇・二峰性パターン

食事の炭水化物によって血糖値が急上昇し、いったん下がるのですが、インスリンの分泌量に対して、炭水化物が過剰だったため、もう1つピークができてしまう変動パターン。

間食していなくても複数のピークがあらわれる事があり。膵臓に負荷がかかっているサインです。

このときの変動の原因はこちら、

右上の大学芋を食べすぎました。

ちなみに、何度も食事(間食)するとこうなります。

上昇後停滞パターン

食事の炭水化物によって血糖値は急上昇とまでは行かないものの、なかなか下がらずに停滞している変動パターンです。

急上昇・高止まりパターンと同様に炭水化物に加えて脂質の多い食事のときに、こうした変動パターンを示しやすいです。

このときの変動の原因はこちら、

ヒレカツ弁当でした。

糖尿病内科医からのコメント

血糖値の変動は、個人の体質、食事のタイミング、食べる順番などによっても大きく変化します。

ここで紹介したものは私自身の血糖変動と、私の関わるプロジェクトでのリブレデータをもとに見解を示したものです。

同時に同じ食事を食べたとしても、人によって血糖値の変動パターンが異なることも多いです。炭水化物(糖質)に対する自分の体質を知り、自分に合った食べ方を見極めることは大切です。

また、高血糖になっても、血糖値スパイクが起きても自覚症状がないことがほとんどです。ひょっとすると、午後の眠気や集中力の低下の原因が血糖値ということも。

もしご心配な方は、当院のダイエット外来・血糖値スパイク外来へお気軽にご相談ください。

フリースタイルリブレ・リーダー

アボットジャパン(Abbott) FreeStyleリブレリーダー(フリースタイルリブレリーダー)読取装置
created by Rinker
¥7,630 (2020/04/01 12:14:32時点 楽天市場調べ-詳細)

フリースタイルリブレ・センサー

FreeStyle abbott フリースタイル リブレ センサー 71533-01 1セット アボットジャパン【返品不可】
created by Rinker
¥7,480 (2020/04/01 21:48:14時点 楽天市場調べ-詳細)

やさしい内科医の診療情報

クリニック ル・ギンザ – 銀座有楽町内科

内科・糖尿病内科・内分泌内科
ダイエット外来・血糖値スパイク外来

火・水・金曜日 12:00〜20:00
東京都中央区銀座4丁目1番先 北数寄屋ビルB1F
有楽町駅3分、銀座駅1分
H.I.S.銀座本店隣の扉が入口です。

上大崎クリニック

内科外来

第1土曜日 9:00〜17:15
第2木曜日 14:00〜17:15
目黒駅徒歩3分
詳細はクリニックホームページをご覧ください。

城山病院

糖尿病・代謝・内分泌外来

毎週月曜日 9:00〜12:00
群馬県太田市

血糖値ワークショップのご案内

血糖値を見える化して食事を見直し、ダイエットしたい方にオススメ

フリースタイルリブレで血糖値測定をお考えのかたへオススメの記事

※フリースタイルリブレの個人使用はあくまで自己責任となりますのでご承知おきください.

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら