広告

フリースタイルリブレを個人輸入する方法を写真付きで紹介|ebayで購入する際の注意点

糖尿病内科医が自らフリースタイルリブレを個人輸入して使ってみました.

血糖値を24時間測ってみたい

フリースタイルリブレが発売され,24時間×14日間連続で血糖測定が可能になりました.一部糖尿病患者さんには保険適用され処方が開始されましたが,血糖値が気になるかた向けには情報が少ないです.

リブレのリーダー,センサーの国内流通は品薄気味で,手に入りづらいためebayで個人輸入してみました.

ebayでフリースタイルリブレを購入して血糖測定を始めました

リブレの装着,血糖測定の記事はこちら

ebayでフリースタイルリブレを検索

FreeStyle libreで検索すると

検索ワード”FreeStylelibre”で検索すると血糖測定のセンサー,リーダーのほか,ステッカー,保護シール,が多数出てきます.

血糖測定のリーダーとセンサーに絞り込む|Abbottの綴りに注意

「Filter」→「Brand」で「Abbott」を選択すると,だいたいセンサーとリーダーだけに絞り込まれます.

検索ワード”Freestylelibre abbott”で検索すると同様に絞り込めます.Abbottというのはフリースタイルリブレのメーカー社名です.綴りAbbottで,「b」も「t」も2個ずつです.

血糖値の単位がmg/dLか確認します

血糖値の単位は国によって異なります.日本ではmg/dLが一般的ですが,北欧や英国,カナダなどではmmol/Lが一般的です.

フリースタイルリブレも販売国によってはどちらかの単位が採用されているので商品説明でmg/dLと記載があるものを選択します.

フリースタイルリブレの購入価格

以上を確認したら,購入手順にしたがって買うことが出来ます.

国内販売価格はセンサー,リーダーともに大体7000円位ですが(発売時,センサー6380円,リーダー7089円),ebayだと両方とも1万円前後と割高です.

わたしはドイツの販売者からPaypalで購入しました.

商品到着!

約2週間でDHLのパッケージで届きました.見ての通り,箱がボロボロです.

中箱もボロボロでしたが,センサー,リーダーともに使用に問題はありませんでした.

糖尿病内科的コメント

2017年9月1日より血糖自己測定を行なう目的で,一部糖尿病患者さんを対象にフリースタイルリブレが保険適応となりました.

糖尿病患者が私的に保険外使用する場合は医師に相談の上,ご使用下さい.

フリースタイルリブレは医療機器です.一般の方が私的に使用する場合,自己責任の範囲でご使用ください.

アボット ジャパン 糖尿病管理をサポート 糖尿病・血糖測定について
グローバルなヘルスケア企業であるアボットについて詳しくご覧ください。私たちは革新的なリサーチを行い、人生の様々な段階のヘルスケアをサポートする製品を製造しています。
jp.abbott-diabetescare.com

▽2018年5月29日追記.Amazonで購入した測定に切り替えました.

関連記事

Amazon フリースタイルリブレ・リーダー

Amazon フリースタイルリブレ・センサー

プロフィール

糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ,九州育ち,九州大学医学部卒.東京都港区在住.フリーランスの内科医として糖尿病診療の傍ら,病院に行かなくても医療の恩恵を受けられる仕組みをつくっています.

趣味はお酒と血糖値.診察室で患者さんと喋ることも好きですが,気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです.

自分の幸せも大切に暮らしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら

妻のRuiは,ハンドメイドアクセサリーの制作・販売・ワークショップをおこなっています.

Ruiのアクセサリーブランド,プロフィール紹介はこちら