広告

カレーライスも然ることながら,夜食の血糖値がなかなか下がらないことを目の当たりにした1日|糖尿病内科医のフリースタイルリブレ自己血糖記録

2018年8月2日の血糖推移

朝食〜午前中

昼食〜午後

夕食〜就寝

糖尿病内科的コメント

このブログではたびたび紹介していますが,カレーライスの血糖値に与える影響は大きいですね.

そして腹持ちしたのもあって,夕食を食べそびれ,深夜ごはんになってしまいました.

深夜にご飯を食べると,消化が進みにくく,エネルギーも使われにくく,血糖値がなかなか下がらず朝までゆっくりした血糖低下になります.

前夜の食後血糖値が少し翌朝の血糖値にまで持ち越している印象です.夜食を避ける,寝る直前に食事をしないことの大事さを目の当たりにしました.

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら