広告

病棟も外来も忙しく,昼食後にも夕食後にも甘いものを欲した1日|糖尿病内科医のフリースタイルリブレ自己血糖記録

2018年7月19日の血糖推移

朝食〜午前中

昼食〜午後

夕食〜就寝

糖尿病内科的コメント

2日連続で夜間外来の当番をやっています.手の届くところにクッキーやらお煎餅が準備してあるのでついつい,ポリポリ食べてますね.

熱中症患者さんをたくさん診て,遅い帰宅から夕食がずれると,空腹感がなかなか落ち着きません.食後の深夜に北海道土産をモグモグ.

心身の疲労感と食欲のあいだに関連があるのは確実でしょう.ストレスがかかったときほど食欲が増すにもかかわらず,食事での満足感が得られにくい理由をすこし探ってみようと思います.

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら