広告

バナナ1本もハンバーガー1個も血糖値のピークに差がないことを確かめて,熊谷花火大会に夏を満喫した1日|糖尿病内科医のフリースタイルリブレ自己血糖記録

2018年8月11日の血糖推移

朝食〜午前中

昼食〜午後

夕食〜就寝

糖尿病内科的コメント

朝食のバナナも,ランチのハンバーガーも血糖値の上がりかたは大きく変わりません.

実際のところは,ハンバーガーのときは膵臓がたくさんのインスリンを分泌してくれて,血糖を体に使わせているわけです.

夜は熊谷花火大会に行ってきました.

こういうときは楽しむの優先で血糖値は二の次になりますね.

プロフィール

糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ,九州育ち,九州大学医学部卒.東京都港区在住.フリーランスの医師として,病院に行かなくても医療の恩恵を受けられる仕組みをつくっています.

趣味はお酒と血糖値.診察室で患者さんと喋ることも好きですが,友人や家族とお酒を飲むことも大好きです.

高級なディナーに出かけたり,グリーン車で移動するなど,日常の中の非日常を大切にしています.

オンもオフも愉しく暮らし,家族の幸せを守りながら,さらには社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら

妻のRuiは,ハンドメイドアクセサリーの制作・販売・ワークショップをおこなっています.

Ruiのアクセサリーブランド,プロフィール紹介はこちら