広告

フォトリーディング講座ではインストラクターとの対面受講がオススメな3つの理由|教える側としても勉強になります

先日,2日間のフォトリーディング講座を受講してきました.一緒に受講した方が,過去にフォトリーディング・ホームスタディ講座を受講されていたとのことで,対面受講のメリットを考えてみました.

細かく実演してもらえる

フォトリーディングは上手に脳を使うメソッドではありますが,随所に作業的な要素もあり,要領よく目線や手を動かすことで各ステップがスムーズにおこなえます.

予習段階でのパラパラ眺めるところから,フォトリーディングでの紙のめくり方,スーパーリーディング,ディッピングでの手の動かし方など,タイミング,速さ,音など五感でわかるように実演されると,まさに「百聞は一見に如かず」です.

インストラクターの経験を踏まえて教わることができる

インストラクターも初めてフォトリーディングを教わった日から,さまざまな試行錯誤を経てフォトリーディングを習得し,人に教えられるようになっています.初めて実践する際のちょっとしたコツや,経験者でないとわからない落とし穴と脱出法を教えてくれます

また,インストラクターはワークショップやその後のフォローでたくさんの指導をしているので,過去にフォトリーディングを習い,熟練していったフォトリーダーの先輩たちの経験を集約して,上達への道のりや頑張りどころを前もって教えてくれます.闇雲に練習することなく,上達への近道を示してくれます.

すぐに質問できる

レクチャーの中でも質問の時間はあり,疑問が浮かぶとすぐに目の前のインストラクターに質問ができます.また,丸2日間,インストラクターと行動を共にするので,休憩時間や食事中など,よりフランクに疑問点をぶつけることができます

その他のイイコト

フォトリーディングのインストラクターはたいてい,フォトリーディング以外の活動もされています.わたしの受講したインストラクター,大嶋友秀さんもフォトリーディング以外にマインドマップ,スピーチ,ビブリオバトルなど幅広くワークショップやイベントを運営されている方でした.雑談しながら,フォトリーディング以外の活動や,それらとフォトリーディングの関わりを知ることができ,フォトリーディングの実用例を垣間見ることができます.

糖尿病内科的コメント

フォトリーディングに限らず,その道の専門家に直接教わることができるメリットは大きいです.専門家の自身の経験だけでなく,これまで関わってきた方々の経験を総合して,アドバイスを与えてくれます.

医療界では専門家に訊くためには病院に行くしかない現状ですが,病院に行かなくても医師,看護師に相談できる仕組みができたら良いと模索して,わたしの場合,Webで医療相談をおこなっています.今回のフォトリーディングの受講を通して,伝える側の役割,ニーズについても考えることができました.

プロフィール

糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ,九州育ち,九州大学医学部卒.東京都港区在住.フリーランスの内科医として糖尿病診療の傍ら,病院に行かなくても医療の恩恵を受けられる仕組みをつくっています.

趣味はお酒と血糖値.診察室で患者さんと喋ることも好きですが,気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです.

自分の幸せも大切に暮らしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら

妻のRuiは,ハンドメイドアクセサリーの制作・販売・ワークショップをおこなっています.

Ruiのアクセサリーブランド,プロフィール紹介はこちら