広告

高崎の駅弁「だるま弁当」は推定600キロカロリー.美味しいですがご飯が多いです.

学会の帰り道,高崎名物と謳われた「だるま弁当」を買ってみました.

外観は真っ赤なだるまそのものです.

蓋をあけると相当に具だくさんです.

実際に原材料を見ると,驚くほどに具だくさん.いろんな味が一気に楽しめて,ボリュームも満点です.個人的には山くらげの漬物と,小ナスの漬物がヒットでした.

糖尿病内科的コメント

とても美味しい弁当でしたが,ちょっと気になるのがご飯の多さ.

この線のあたりまでギッチリ詰まってます.おそらく250 gはあるのではないかと思しきご飯です.ごはん100 g = 168 kcalなので,ざっとご飯だけ420 kcal,糖質92 g.ものすごく高カロリーというわけではないですが,炭水化物の多さはオススメできません.

私はご飯を6割ほど残して「ごちそうさま」とさせていただきました.

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら