広告

ランチの中華料理のあとは緩やかに血糖値が下がり,ワインを飲みながらすき焼きを食べた年始休暇最終日の1日|糖尿病内科医のフリースタイルリブレ自己血糖記録

2019年1月3日の血糖推移

View this post on Instagram

今日のワイン。 #closdeslangres #ワイン

So Yamamura, MD.さん(@sou3dr)がシェアした投稿 –

糖尿病内科的コメント

中華料理は脂分が多いので,血糖の下がり方が緩やかになります.

夜のすき焼きは思いのほか血糖値が上がりませんでしたが,おそらく食前から飲んでいたワインの影響です.アルコールは肝臓からの糖新生を抑制するため血糖値が上がりにくくなる方もいます.

とはいえ,摂取カロリーに変わりはないので食べすぎると太ります.

フリースタイルリブレで血糖値測定をお考えのかたへオススメの記事

※フリースタイルリブレの個人使用はあくまで自己責任となりますのでご承知おきください.

Amazon フリースタイルリブレ・リーダー

Amazon フリースタイルリブレ・センサー

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら