広告

親指シフト再挑戦2ヶ月目の練習に,日経のコラム「春秋」を使っています

親指シフトの練習文といえば,ものくろさんの「東京,信濃・・・,でんでんの弟・・・」,nicola派宣言の「昨日,今日,明日,拝啓,敬具・・・・」です.入門したてでホームポジションを覚え,頻出語句を覚える,理にかなった練習文です.

1ヶ月ほど練習し,キーボードの表無しで入力できる頃になると,だんだん飽きてきてしまいました.小学生の頃の,漢字ドリル,計算ドリルと同じで単調で,繰り返しで,面白みがなくなってきます.習慣化挫折の兆しです.

そこで練習文の題材を探した末,選んだのが日経新聞のコラム「春秋」です.

読売新聞の「編集手帳」,朝日新聞の「天声人語」はフリーで読めないのでスルーしました.毎日新聞の「余録」は全文公開されていますが,段落が区切られておらず(▲区切りで改行なし),読みやすさの点から「春秋」をチョイスしました.

春秋は長さがちょうどいいです.毎日だいたい500-600字で書かれています.私の入力速度はまだまだ20-30字/分なので,1日25分の練習をするのにちょうどいい長さです.

内容も面白い.新聞のコラム全般にいえますが,毎日,執筆者の視点から起承転結まとまった4段落構成でしっかり落ちがついているので,読み味があります.飽きが来ないというのが私にとっては最大のポイントなので続けられそうです.

カタカナ語,「」(括弧),数字などが程よく入っている点も,練習文として文句ないところです.カタカナ語には「パピプペポ」,小さい「ァィゥェォ」が入っていたりして,親指シフトで頻度の低い配置にあるキーの練習もできます.

2ヶ月目は25分で「春秋」&「余録」(40字/分)くらい書けるのを目標にコツコツ続けていこうと思います.

糖尿病内科的コメント

最近はネットでも新聞を読む機会はあまりなく,医療系のサイトで情報収集するばかりだったので,日経新聞のコラムを入り口に,新聞の見出しくらいは軽く目を通し,医療バカの世間知らずにならないように勉強します.

プロフィール

糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ,九州育ち,九州大学医学部卒.東京都港区在住.フリーランスの医師として,病院に行かなくても医療の恩恵を受けられる仕組みをつくっています.

趣味はお酒と血糖値.診察室で患者さんと喋ることも好きですが,友人や家族とお酒を飲むことも大好きです.

高級なディナーに出かけたり,グリーン車で移動するなど,日常の中の非日常を大切にしています.

オンもオフも愉しく暮らし,家族の幸せを守りながら,さらには社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら

妻のRuiは,ハンドメイドアクセサリーの制作・販売・ワークショップをおこなっています.

Ruiのアクセサリーブランド,プロフィール紹介はこちら