広告

固定資産税がクレジットカード払いできるようになっても、コンビニで納税し続ける3つの理由

固定資産税がクレジットカードで納税できるようになったようです。わたしがマンションを所有する大阪でも、カード払いが可能になりました。しかし結局、次の3つの理由でコンビニで支払うことにしました。

理由1 手数料がかかる

大阪市のサイトにアクセスしてみると、クレジットカード払いでは手数料がかかります。コンビニで払う手間を考えれば微々たるものですが、ちょっともったいない気分になります。

理由2 領収書が発行されない

クレジットカードで支払うと領収証書が発行されません。

不動産経営をしているわたしの場合、経費として計上する必要があるので、領収書が必須です。この点が決め手となりクレジットカード納税は諦めました。

理由3 セブンイレブンでnanaco支払いが最強

結局、各種ポイントカードサイトで紹介されているように、クレジットカードからnanacoにチャージして、セブンイレブンで支払うというのが一番お得だと思います。

クレジットカードのポイントとnanacoポイントの二重でポイント還元されます。

糖尿病内科的コメント

コンビニ支払いのついでに、セブンイレブンのシュークリームをついつい買ってしまいます。

THEセブンシューのカロリーは244kcalで、ご飯1杯分くらいあります。デザートは別腹でも、カロリーはトータルされるので食べすぎ注意ですね。

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら