広告

大容量モバイルバッテリーを持ち歩くとサードプレイスの選択肢が広がります|公園のベンチでノマドワーク

電源カフェの選択肢は少ない

家でも職場でもないサードプレイスで仕事をするとき気になるのが電源の有無です。ただ、電源の有無を優先的にお店を探すと選択肢が狭まります。そして、電源カフェはノマドワーカーで混み合っています。

気分に合わせてテラス席で街を眺めながらゆるーく仕事したり、ファミレスで小腹も満たしながらブログを書きたい日もあります。

大容量バッテリーがあればお店も席も自由に選べる

26800mAhの大容量モバイルバッテリーを持ち歩くようになって、サードスペースの選択肢が無限に増えました。MacもiPhoneも複数回充電できるので、モバイルバッテリーの充電を忘れなければ、公園のベンチですら仕事場になります。

電池切れの不安と電源探しの手間がなくなり、いつでもどこでも好きな仕事をできるようになりました。バッテリー容量が大きくなると、バッテリー自体が重くなるのが欠点ですが、ペットボトル1本余計に持っているくらいの感覚で、さほど気にしてません。

電池切れリスクフリーの生活、おススメです。

糖尿病内科的コメント

荷物が重くなると、消費カロリーも増えるので良いと思います。

プロフィール

糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ,九州育ち,九州大学医学部卒.東京都港区在住.フリーランスの内科医として糖尿病診療の傍ら,病院に行かなくても医療の恩恵を受けられる仕組みをつくっています.

趣味はお酒と血糖値.診察室で患者さんと喋ることも好きですが,気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです.

自分の幸せも大切に暮らしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら

妻のRuiは,ハンドメイドアクセサリーの制作・販売・ワークショップをおこなっています.

Ruiのアクセサリーブランド,プロフィール紹介はこちら