広告

突然のバッテリーあがり…ジャンプスターターは備えておくべきと悟りながら内科医が考えたこと

都内へ引越して1週間、車に乗る頻度がグッと下がりました。

月曜の朝、事件は起きます。立体駐車場から出庫しようとすると、まず、キーが開かない。

まだ、ピンときません。

キーを差し込んでドアを開け、エンジンをかけようとして初めて気づきます…、セルが回らない。バッテリーがあがっている、と。

あいにくジャンプスターターは持っておらず、救援車を呼ぶには時間がないため、車は車庫においたまま、新幹線通勤と相成りました。

電車に揺られながら、今週の予定を立てて、こんな日もアリかなと思います。

ジャンプスターターをAmazonでポチり、今週は整備に行くことにします。

糖尿病内科的コメント

いつも車を整備している人は、自分や家族の安全、安心のために愛車をケアしていると聞きます。

そこで外来では、車好きの患者さんに「車と同じくらい自分のカラダにも気を使って下さい」と言っているものです。

一方わたしは、健康への関心は高いながら、車へのケアが足りなかったようです。健康や血糖値を気にかけるように、愛車への配慮も大切にしましょう…。

リンク

プロフィール

糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ,九州育ち,九州大学医学部卒.東京都港区在住.フリーランスの医師として,病院に行かなくても医療の恩恵を受けられる仕組みをつくっています.

趣味はお酒と血糖値.診察室で患者さんと喋ることも好きですが,友人や家族とお酒を飲むことも大好きです.

高級なディナーに出かけたり,グリーン車で移動するなど,日常の中の非日常を大切にしています.

オンもオフも愉しく暮らし,家族の幸せを守りながら,さらには社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら

妻のRuiは,ハンドメイドアクセサリーの制作・販売・ワークショップをおこなっています.

Ruiのアクセサリーブランド,プロフィール紹介はこちら