広告

ステッドラー・アバンギャルドをジェットストリーム化【改造】ラミー2000よりもオススメする3つの理由

ステッドラーのボールペン「アバンギャルド」に三菱ジェットストリームの替芯を入れて書き心地抜群の1本を作りました.

実はその前に,ラミーのボールペン「LAMY2000」に4C規格のリフィルを装着するという,自作ボールペン界隈での定番改造もやっていました。LAMY2000をしばらく使っていましたが,次の3つの理由でステッドラーに乗り換えることにしました.

LAMY2000の△なポイント3つ

太い

LAMY2000は軸の中央にかけて太くなる樽型のデザインで、これはこれでオシャレです。握る部分が細く、指の付け根に当たる部分が太めで、機能的にもしっくりきます。

しかし、何となくずんぐりむっくりで、スタイリッシュとは言いがたいデザインなので、なんとなく気に入りませんでした。

短い

普通のボールペンと比べてLAMY2000は短いです。アバンギャルドが14.8cmあるのに対し、LAMY2000は13.9cmで約1cm短いです。

たかが1cmですが、白衣の胸ポケットに入れた際にヘッドが少し出るか出ないかで、取り出しやすさが全く違います。

ステッドラーと比べて軸が太いので、胸ポケットでペンライト、PHSなどと一緒に入れるとポケット全体が窮屈になり、取り出しにくさに拍車がかかりました。

目立たない

LAMY2000はシックなデザインなので、言い様によっては地味です。ボールペンと傘を頻繁に無くしてきた私としては、机上のどこにあるかすぐに見つけやすく、置き忘れたとしても特徴を伝えやすいステッドラーが紛失リスク軽減につながります。

まとめ

以上、私がLAMY2000ではなく、ステッドラーアバンギャルドを愛用している理由をご紹介しました。

LAMY2000も味があって好きではありますが、白衣の胸ポケットという制約のもとでは、ステッドラーに一層の愛着をもつ結果となっています。

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら