広告

ご祝儀の新札が準備できなかったときは,ホテルのフロントで交換(できる場合があります).

先日,福岡で結婚式に出席してきました.友人は仕事の合間に銀行に行けず,とりあえずご祝儀袋だけコンビニで買って登場.

式はグランドハイアット福岡だったのですが,ホテルのフロントで聞いてみると,新札に交換してくれました.

事前に準備できるのが何よりですが,新札が間に合わなかったときはお試しください.

糖尿病内科的コメント

ご祝儀用の新札を準備するのは,結構手間がかかります.わたしは妻に頼みますが,仕事の合間に銀行に行く時間がない人も多いでしょう.幸いなことに医者の結婚式は,一流〜1.5流くらいのホテルであるので,フロントで新札交換がたいてい可能です.

冠婚葬祭のお金も振り込みや電子マネー,ビットコインで支払う時代が早く来ないものでしょうか.受付で,Apple Payをピッとしながら「おめでとうございます」したいものです.

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら