広告

糖尿病内科医,心臓を学び直す

どんな時間の急患対応にも飛び起きて駆けつける循環器内科の先生のバイタリティには敬服します.糖尿病内科医はそこまで意気軒昂に,深夜の救急対応できません.もちろん眠い目をこすりながら頑張りますが,アドレナリンの出方が違うのでしょうか.

さて,常勤の循環器内科医がいない病院に出向となったので,あらためて心臓を学び直しています.研修医の頃とは違って,それなりの経験を積んだ上で勉強すると,一味違う新鮮さがあり,理解が深まります.

今回買った本はこちら.順次書評予定です.

プロフィール

やさしい糖尿病内科医
山村 聡(やまむら そう)

九州生まれ、九州育ち、九州大学医学部卒。大学病院で糖尿病・代謝・内分泌内科助教、市中病院勤務後退局。フリーランスを経て、2019年12月よりClinic le GINZA(銀座有楽町内科)内科院長。

病気を治療する医師であると同時に、生涯の健康を保つパートナーでありたいと思っています。

趣味はお酒と血糖値。診察室で患者さんと喋ることも好きですが、気のおけない友人とお酒を飲むことも大好きです。自分の幸せも大切にしながら,社会が豊かになることに貢献できたら最高です.

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます.

わたしの詳しいプロフィールはこちら